コンサルタントのお仕事

コンサルタントの仕事より【vol.11】<ハウスメーカーとの家づくり>

ハウスメーカー (3).jpg
みなさんこんにちは。OZONE住まいづくりコンサルタントの山内です。
今回は「ハウスメーカーとの家づくり」についてお話したいと思います。

ハウスメーカーとの家づくりを検討されているお客様から、
「何がなんだか分からなくなってしまった..」という相談をお受けしました。

少しでも価格を抑えたいのですが、どこもみんな同じくらいの価格で、
しかも思っていたよりも高い
というのです。さて、どうしたものでしょうか?

まず、ハウスメーカーは基本的には安くはありません。
そしてこのお客様は、ハウスメーカーの中でも比較的高いといわれている大手ハウスメーカーと
やりとりをされていました。また、坪単価への誤解もありました。はじめに坪単価70万円くらいで
出来ると言われ、実際にプランと見積もりをもらい計算すると坪100万くらいになっていました。

これは、はじめの坪単価はいわゆる本体価格というもので、上下水道など設備工事のうち外回りの工事
(屋外付帯設備)が含まれていません。
解体工事や外構工事も入っていません。すべての工事項目を合計してみると、
はじめの期待値もあり、より高く感じるようになってしまったようです。

そして、その見積もりは、まだ間取りが固まっていないため、概算見積もりの段階でした。
最近のハウスメーカーは、契約後にドンドンと追加金額が発生するというトラブルを避けるため、ひとまずは高めに提案することが多くなっています。
内容的にも漏れなく入れつつ、更に値引きシロ(社内で調整できる値引き額)をとっておくような提案です。
総額を割り返した坪単価が100万円くらいになるように調整している場合もあります。

結果、どのハウスメーカーも同じくらいの高い金額で、1社に決められないと悩んでしまったわけです。

お客様には、ハウスメーカーの価格体系や見積もりの見方をアドバイスし、ご理解を得ました。
また、まずは間取りをかためて、そのうえで見積もり比較をすることをお勧めしました。
その際は、見積もりの数字を比べるだけではなく、実際にショールームで内装材や設備のグレード感や好みを確認することも重要になるとお伝えしました。

「住宅展示場に行ったけど決め手に欠ける」
「ハウスメーカーをカンタンに選べると思ってたけど、実際のところ選び方が分からない」
といった悩みのご相談をお受けするケースは少なくありません。

情報に振り回されて混乱しがちな家づくりですが、我々コンサルタントが関わり、客観的に業界のしくみを知り、
比較検討のステップをご理解いただくことで、俄然、不安が減り、視界が明るくなると思っています。
ぜひ、多くの方に、我々コンサルタントを頼っていただけたらと思います。
◆資料のご請求・無料相談のご予約はこちら

また6/30(金)までの間、OZONEではハウスメーカーとの家づくりを検討中の方に向けて、『OZONEで家づくり!<ハウスメーカー編>』と題し、
依頼先の選び方のポイントを個別でレクチャーするほか、ハウスメーカーの設計士を招いた特別セミナーを開催します。ぜひこの機会をご活用ください!
◆『OZONEで家づくり!<ハウスメーカー編>』の詳細はこちら